FM事業

FM事業(Facility Management)

『 企業団体が組織活動のために施設とその環境を総合的に企画、管理、活用する経営活動 』

ファシリティマネジメント(Facility Management)は、略称で「FM」と呼称されています。

弊社では主要事業としてきた電気・機械設備、自動制御、設備保守等のノウハウを用いてお客様の施設・設備の導入から最適な運用、保守メンテナンス、ライフサイクルマネジメント等のFM事業を提案致します。

※ライフサイクルマネジメント(Life Cycle Management 略称:LCM)

設備の運用開始から交換時期までの寿命を把握して適切に管理していくこと。

例えば、空調設備の稼働年数や定期的な保守メンテナンス・清掃、あるいは地域特性を考慮せずに使用し続けた場合、機器・部品の劣化や塩害等の錆により施設全体のエネルギー効率の低下、消費電力の増加、住環境の快適さを損なうだけでなく、突発的な故障により莫大な修理費が発生する恐れもあります。

その為、大規模な施設・設備になるほどLCMを考慮することが重要であると考えます。

定義 ※公益社団法人日本ファシリティマネジメント協会(JFMA)より引用

適切なLCM

FMサイクル

FM統括マネジメント ~施設のよりよい在り方を追求

まず、お客様の経営戦略に基づいたFM戦略・計画を立て、施設ニーズに沿った設備の選定と共にライフサイクルマネジメントに基づいた中長期的にプロジェクト管理を行います。

設備の導入後、定期的な保守メンテナンスと共に日々のスケジュールによるランニングコスト、エネルギー効率・電力量の改善、長寿命化を念頭にした運営管理を行い、その結果による定期的な評価を基に当初のFM戦略・計画の微調整を行っていきます。

このFMサイクルにより、常により良い施設サービスを提供致します。

FMサイクル1 FMサイクル2

FMの導入効果

FMの導入効果1 FMの導入効果2

久米電装の提供するFM

上記のイラストは一般的な「FMの導入効果」です。

弊社では上記の導入効果に加えて、多くの施設・設備の中大規模な電気工事を行ってきた実績、機器の保守メンテナンス、中央監視装置と自動制御に携わる知識、施設の24H遠隔監視(BOSSセンター)、現場への常駐管理等、多くのノウハウを用いることで業者毎に分散しがちな施設の管理業務に対して、一元管理による「最小のコストで最高の効果」のFM事業を展開致します。

CONTACT

お仕事のご依頼・お見積り・採用についてなど

メールまたはお電話にてお気軽にご連絡ください。

受付時間 8:00~17:00

定休日:土曜日・日曜日・祝日